キャビテーションの意味とは

痩せたい人に人気のエステのキャビテーションというのはそもそもどのようなものなのか、その意味についてはキャビテーション体験をしたい人でも知らないという方が多いですが、このキャビテーションというのは物理現象を表す言葉となっています。

それではキャビテーションとはどのような意味の物理現象であるのかについて説明をすると、空洞現象とも呼ばれていて液体の圧力差が生じる事で気泡が発生したり消えたりする現象のことを意味しています。

エステではその現象がどのようにして活用して痩せる事が出来るかを続いて説明します。
まず、細胞内は液体で満たされているのでそこに圧力差を生じさせるために超音波を発生させます。
その超音波が脂肪細胞内に届く事でキャビテーションが起こって気泡が発生し、その発生した気泡が弾ける際の衝撃で脂肪細胞の細胞膜を破壊します。
すると中の脂肪が外に溶けだして乳化し、それがリンパ液や血液を通して肝臓で処理され、それが尿や汗として体外に排出されていきます。

だからこそキャビテーションには痩身効果があるのですが、その意味を知ると超音波の影響は細胞を破壊するなら脂肪以外にも影響が無いかどうかを心配する人もいます。
そのような心配をするのも無理のない事ではありますが、何か問題が生じてしまったのでは大きな問題となるために当然安全性については検討された上で行われています。
そして超音波を調整する事によって周辺組織に悪影響を与える事が無いようになっているので安心して施術を受けて大丈夫です。