コンビニでusbのデータから年賀状印刷するには?

せっかく年賀状印刷2017年用に印刷しようとしても、プリンターが壊れてしまった時は自宅での印刷が難しい場合があります。せっかく作った年賀状印刷用データがあれば、コンビニから業者にプリントを依頼するか、usbに記録させてコンビニのマルチコピー機から印刷することが可能です。

日にちに比較的余裕がある場合は、コンビニの印刷サービスを利用すると便利です。コンビニのサイトから申し込め、平均して3日ほどで出来上がり店頭に取りに行くことができます。ファイル形式はjpegやpng等の画像ファイル形式、サイズが10MBまでと規定があります。ファイルをアップロードすることになりますが、業者に印刷してもらえるので、仕上がりは綺麗になります。年賀状印刷を依頼する場合は、最低でも10枚以上からの受付となり、印刷料金に加えてはがき料金が必要となります。

すでに年賀状を出す日にちが迫っている場合はusbにデータを記録して、コンビニのマルチコピー機を利用して年賀状印刷する方がいいでしょう。コンビニの店舗によっては、対応していないことがありますので、店舗やサイトから確認するようにしましょう。年賀状印刷をするに当たっては、自分ではがきを用意する必要があります。インクジェット用のはがきは故障の原因となりますので、普通紙のはがきを用意するようにしましょう。ファイル形式については、画像データならjpeg、文書ファイルデータであればpdfが比較的対応しやすいと思われます。usbに記録する際にデータ形式に気をつけるようにしてください。マルチコピー機にusbや年賀はがきをセットする際に分からなければ店員さんに尋ねるといいでしょう。

usbがない場合は、会員登録をして専用サイトにデータファイルを送信し、予約番号と引き替えに年賀状印刷ができます。しかし、料金が割高になる場合がありますので、注意してください。