友人からお金を借りる上手な頼み方

友人からお金を借りる時に気を付けなければならないことは、とにかく「親しき仲にも礼儀あり」を徹底させることです。何しろ大切なお金を借りるのですから、軽い気持ちで頼んだりしてはいけません。むしろ親しい友人に頼む場合ほど、普段とは違う礼儀正しい態度で丁寧にお願いすべきです。そうしてこそ友人の心に響くのです。
また、ただ丁寧に頼めば良いというものではなく、貸してもらうためには頼み方にもコツがあります。それは何かというと、借りるお金の返済方法を具体的に明確にして頼むことです。この点に関しては、一度、自分がお金を貸す立場になって考えてみましょう。
たとえば「6月25日にボーナスが入るので、その時に全額返します」という者と、「なるべく早く返します」という者とでは、前者のほうが貸しやすいに決まっています。それゆえに自分が友人からお金を借りる時にも、「何月何日に返します」とか、「ボーナスが入ったら返します」などと、具体的な返済方法を事前にハッキリさせておくことが重要なのです。この点が明確であってこそ、正しい頼み方と言えるのです。
いずれにしても、お金を借りる時の頼み方としては、たとえ親しい友人でも馴れ馴れしく気安い感じで頼むのは非常に失礼です。確かにお金を借りる側である自分の気持ちは気軽なものかも知れません。しかし、貸す友人の気持ちは決して気軽ではないのです。そうした友人の気持ちを十分に理解して頼むことこそが、正しい借金の頼み方なのだと肝に銘じておきましょう。
お金を借りる大技林|今すぐ借りれるランキングTOP3はどこ?はこちら